整理をしよう

遺品整理にかかる費用の内容

現在、さまざまな事情で、遺品整理のサービスを利用する人が増えています。1人暮らしをしていた人の死から、身内がその部屋を片付けなくてはなりません。そういったことに関して、人手が足りなかったり高齢という理由から、サービスを頼ることになります。 この遺品整理にかかる費用は、部屋の広さやその遺品の量によっても違ってきます。大体の費用の目安として、部屋の広さからトラックに荷物が詰められる量で計算されます。当然量が多いとスタッフも増えるので、費用は高くなってきます。 だいたい1Kの場合は、スタッフ1人でも十分なので費用は2万円〜になります。そして広さによって徐々に費用が上乗せされ、2LDKで120,000円〜150,000円ほどです。こういった費用を目安に、万が一のときのために把握しておきましょう。

身内が抱え込む負担を軽減していく動き

遺品整理を利用する人が増えていることに関して、単身世帯の多さが目立っています。この単身世帯は、若い人だけでなく、高齢者にもその勢いが増しています。配偶者に先立たれた人もいれば、もともと未婚者だった人もいます。このような事情から、1人になっても子供や身内と同居せずに、1人暮らしをする高齢者が多くいるのです。 こういった背景から、遺品整理のお手伝いという形でサービスが定着してきました。それまでは、遺品整理というプライベートな事情は身内が全て行うべきこととされていたので負担にもなっていたのです。しかし、時代とともに事情は深刻さを増していき、人の手を借りることで負担を軽減できるようになりました。 遺品整理は身内の負担を背負いながら、迅速丁寧に作業をこなしていくプロとして、増え続ける依頼に1つ1つ応対しています。